中古iPadを探す人のサイト

中古iPadのススメ

 

\赤ロム永久保証・中古本体保証最大6ヶ月↓↓/


中古iPad全シリーズ比較

iPad7(第7世代)特徴、スペックまとめ

投稿日:

Pocket

名称 iPad7(第7世代)
画像
発売日 2019年9月30日
CPU(プロセッサ) Apple  A10fusion
メモリ 3GB(推定)
容量 32/128GB
ディスプレイ 9.7インチ 2048×1536 Retinaディスプレイ
解像度 265ppi
通信 Wi-Fi/Wi-Fi+4G
サイズ 高さ:250.6mm×幅:174.1mm×厚さ:7.5mm
重さ Wi-Fi:483g Wi-Fi+4G:493g
価格(発売当時) Wi-Fiモデル
32GB 34,800円
128GB 44,800円
価格(発売当時) Wi-Fi+4Gモデル
32GB 49,800円
128GB 59,800円
カメラ 静止画 前面:120万画素 背面:800万画素
カメラ 動画 背面:FHD1920×1080 前面:HD:1280×720
Siri
TouchID
Apple Pencil
iOSアップデート 最新対応
smartキーボード
コネクタ Lightning - USBケーブル

Lightningコネクタ

\赤ロム永久保証・中古本体保証最大6ヶ月↓↓/

iPad7(第7世代の特徴)

iPad7

2018年に発売されたiPad6(第6世代)と比べて大きな違いは...

  • スマートキーボードに対応
  • 画面サイズが9.7インチ→10.2インチへ
  • メモリが3GBに増量

この2点が挙げられます。

スマートキーボードが利用できる事で外出先でもノートPCの代わりに使えるようになり、ますます便利になりました。画面サイズが若干大きくなった事で動画や電子書籍などもより見やすくなりました。

あわせてメモリが3GBになり操作性やアプリの起動もこれまでよりサクサク使えるように。性能は上がりましたが、本体価格は前モデルより3000円〜4000円程度安くなっているのも注目です。より手に入れやすくなりました。

手書き&smartキーボード対応で万能型のタブレットへ

Apple Pencilとsmartキーボードに対応した事で自宅だけじゃなく、職場や学校でも広く利用する場面が増えました。

この辺はこれまでiPadPro3など高スペックなiPadの専門だったのですが、廉価版のiPadでもほぼ同等の事ができるようになり、前モデルよりも一気にコスパが上がりました。

スペックに大きな変化はない

ただしメモリは増えたものの、本体自体のスペックは大きく変わらないです。

高精細のイラストアプリや、高画質な動画の編集、高負荷なゲームの操作性に関しては依然iPadProシリーズを検討したほうが良いでしょう。

普段使いにはなんら不便なく使えるスペックとなっております。

発売直後に付き中古市場にはあまり出回っていない

2019年後半に発売ですからまだ中古市場にはあまり出回ってないです。

ただし、もともとの本体価格が安いので中古で出た場合はそれなりに手にしやすい価格になると予想されます。

キーボード&ペンシル対応のiPadにはiPad Air3やiPad Pro3などがあります。そちらの中古をチェックしてみてはどうでしょうか??

一覧表

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-中古iPad全シリーズ比較

Copyright© 中古iPadのススメ , 2020 All Rights Reserved.